この復興支援ブログについて

【活動の基調】

東日本大震災への支援と復興に全力で取り組み、「あんしん・信頼・くらしつながるコープあいち」の役割を果たします

・被災地への支援と復興への取り組みを重要な使命として最優先で取り組みます。
・人、物、金、情報など生協(あいち、東海、日本生協連)の総合力を発揮して取り組みます。
・行政、ボランティア組織、地域のみなさんと協力して協同の取り組みを長期的に継続します。
・東海地域での災害発生への備えを固め、事業を継続する責任を果たせる経営基盤をつくります。
この活動の基調にそって2011年3月11日発災直後の3月16日から日本生協連へ結集し、宮城県のコープみやぎと連携をとった食材や物資の支援や、 福島県のコープふくしまとも連携し現地入りしました。また並行して愛知県では「あいち・なごや東日本大震災ボランティア支援連絡会」へオブザーバー参加(3月15日)、その後岩手県気仙地域を中心とした復興への支援、愛知県内の避難者の支援、そして愛知の備えをすすめて来ました。
岩手県気仙地域(大船渡市・陸前高田市・住田町)では、住田町の農林会館を拠点に現地の市民団体である「気仙市民復興連絡会」と一緒に食材提供と炊き出し活動、23万枚の支援タオルのお渡しなどを気仙地域の中小規模の避難所を中心に行いました。
夏には鎮魂のお祭りである大船渡市盛町夏まつり実行委員会主催「盛町灯ろう七夕まつり」への食材提供と人材派遣、NPO愛知ネット主催「住田町大感謝祭」への食材提供と人材派遣など、さまざまな活動を愛知の組合員さんによる後方支援のおかげで行うことができました。秋にはそのつながりで、組合員のみなさん自身が気仙地域で職員が行ってきた活動を追体験し、新たなつながりを創る「あなたがつなぐ復興支援」ツアー企画を開催、その後のクリスマスカードの取り組みへと広がっています。
愛知県内では、6月から開設された愛知県被災者支援センターに運営協力をし、避難される約500世帯の方への生活物資の運搬を始め、暖房器具のお届けなどをして来ました。
また、「パーソナルサポート」として一人ひとりのニーズを聴き・応える生協ならではの考え方や実践も一緒に協力させて頂いています。

この【復興支援ブログ】は、担当部局が一方的に作るものではなく、組合員の皆さんや被災地の皆さんにも積極的に参加していただき、組合員と被災地の皆さん、そして役職員がひとつになって一緒につくりあげていくものにします。ブログの新規記事はご自宅や職場からいつでも都合の良いときに書いていただけます。
愛知県内の地域地域で報告や連絡、疑問や要望、相談などあるときは是非このブログを活用して縦横ナナメにつながり、共に考え、創っていきましょう。

尚、記事投稿にはログインするためのIDとパスワードが必要になります。
組合員の方はもちろん、「あなたがつなぐ復興支援ツアー」を通してつながった現地のみなさまに対してどなたでも発行しますので、ご希望の方は下のボタンを押してください。

また、一部の組合員さんから「自分で記事を直接投稿するなんて荷が重い」「発信したい事はあるんだけど抵抗がある」などとの意見も伺っています。
そういった方は、こちらから情報を下さい。代理で記事を掲載させていただきます


 

著作権について

本サイトに掲載されている記事や写真・イラストなど全ての情報は著作権の対象となっており、その権利は権利者に帰属します。権利者に無断で複製、改ざん、頒布、転用、転載、使用することはお控え下さい。